オーナー必見!ランキングから選ぶマンション管理会社の選定法

様々な保証制度

ウーマン

一括借り上げの魅力

空き室のある・なしに関わらず、安定した収入が見込めるのが家賃保証という制度です。家賃保証を利用することで経営スキルの不足をカバーでき、どんな人でも順調にマンション経営ができます。空き室の心配をしなくてもいいので、不動産投資ビギナーに人気の制度です。家賃保証制度の代表的なものが一括借り上げ(サブリース)です。不動産屋さんにマンションの経営を任せることです。一括借り上げなら家賃保証があるので、空き室になっても安定です。また、家賃の集金、滞納家賃の督促、クレーム処理、更新・退去手続きなども不動産屋さんがしてくれます。その代わり大家さんが1カ月で受け取れる家賃は少なくなります。相場としては家賃の80%程度です。

保証でリスク回避

家賃保証がある一括借り上げを活用すれば毎月収入が入り、住宅ローンの返済や将来の貯金に回せます。ただ、一括借り上げを利用すると自分の取り分が少なくなるというのは、しっかり把握しておくべきです。また、契約すると最初の2カ月ほど免責期間があり、この期間は家賃収入がなしになります。そのことも十分理解してから、一括借り上げを利用することが大切です。家賃の滞納に備える滞納保証という制度もあります。滞納保証は家賃保証とは違い、入居者がいるけど家賃の支払いがない場合にのみ保険が支給されます。この滞納保証制度は、もともと空き室に困らない、好条件なマンションに効果的です。滞納保証の1カ月の保証料は家賃の5%程度です。

このエントリーをはてなブックマークに追加