オーナー必見!ランキングから選ぶマンション管理会社の選定法

住宅の賃貸借契約

男女

家賃の担保の方法

マンションやアパート、一戸建ての賃貸住宅を借りる場合、その住宅について賃貸借契約を締結することになります。その際、家賃の未納があった場合に備えて敷金も支払うことになりますが、家賃を継続的に担保することが必要です。この家賃を担保することが、家賃債務保証です。一般的に、連帯保証人を立てることになりますが、連帯保証人は法的には債務者と同等の義務を負いますので、賃借人が家賃を滞納した場合は、それを肩代わりしなければなりません。このため、債務を肩代わりするに足る安定した収入を有することが求められます。しかし、少子高齢化時代になって、親は現役をリタイアしている場合も多いですし、場合によっては高齢者が賃借人であることもあります。これらの場合、連帯保証人を見つけることが難しい状況にあります。このため、家賃滞納があった場合に、一時的に立替え払いをする家賃債務保証サービスがあります。

家賃担保サービス

家賃債務保証サービスは、まず賃借人が、家賃債務保証会社に保証料を支払ったうえで債務保証委託契約を締結します。引き続き保証会社は、貸主である大家や賃貸業務を代行する不動産会社等と家賃債務を保証する契約を締結します。これにより、万一家賃の滞納が発生した場合には、保証会社が大家や不動産会社等に家賃の立替え払いを行います。その後、保証会社は賃借人に対して立て替えた金額を求償することになります。この家賃債務保証サービスは、連帯保証人を立てることが難しくなっている現状においては、賃借人の保証を補完することで、住居の確保を容易にするメリットがあります。また、賃貸人の側にとっても、滞納による家賃収入が途絶することもなくなりますので、安心して賃貸借契約を締結することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加